印鑑は切花とは違います

印鑑イメージ

切花がすぐに枯れてしまわないようにするための方法があるのをご存知でしょうか。
ブリザーブドフラワーなんていうのもありますが、そうではなくて、あくまでも水にさした切花を長持ちさせる方法なんです。

これは水の中に特殊な保存薬を入れるやり方なんですが、これがあるとないとでは、花の長持ち具合が全然違ってくるんですよ。

お仏壇に飾っておくのにも使えますし、贈り物としていただいた花を長持ちさせたいときには、とても使える方法ですよね。

切花は寿命が短く、楽しめる期間もそう長くはないとわかってはいるのですが、少しだけでもその期間をのばしたいという気持ちはあるはずです。

お花をもらったことのある女性なら、きっとそう思うのではないでしょうか。
印鑑だって、花を贈るのと同じようにプレゼントできればいいですけど、印鑑はつかいようによっては一生物ともいえますからね。

それぞれの寿命を比較したら、あまりにも違いますから、印鑑はお花のような繊細さは無いといえるでしょう。
あまり印鑑を貰ってもうれしくないというような状況なら、いつまでたっても寿命が来ない印鑑に、思わずイライラしてしまうかもしれません。

印鑑は他人におくることって言うのはあまり無いですからね。
家族や親戚からもらうことはあっても、かかわりの無い他人は、その家系の印鑑の話に首を突っ込むべきではないと考えてしまうのかもしれません。

そうなるとやはり印鑑は、花のような贈り物と一緒に考えるのは難しいでしょうね。
自分自身のために購入するのが、一番無難かもしれません。

〔人気のWEBサイトのご紹介〕

印鑑のネット購入なら【ハンコヤドットコム】がオススメ。

オーソドックスな黒水牛・象牙印鑑から、カラー印鑑、キャラクター印鑑まではんこの種類が豊富です!
さらに、欲しい印鑑が最短即日出荷可能なので、お急ぎの場合でも安心です!

ページの先頭へ